mnumeda's Diary

Everyday Rec.(Hatena::Diary よりインポート) 

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター

「さびしくなったねえ」

ふたり

081214
7:45起床。シャワー。
 昨夜、赤穂の親戚から、問い合わせの返事が来ていた。今日は義士祭りとか。
結局、昨夜はぐずぐずアルコールを舐めていて12時過ぎに眠った。
目が覚めたのは、5時直前だった。その気があれば起きて早朝散歩の時刻だった・・・・。が意欲は立ち上がらず、また眠った。
 仰向けに、枕をはずして脊柱を伸ばすと、猫背の中央が、ひしめくように当った。
うつつの中で、七七日のことや、納骨のことを思いめぐらした。
 
 昨夕、なじみの米屋が御用聞きに来て、遂に母のことを話した。
もう母とは50年のなじみで、小僧のときから御用聞きに来た、と。
息子さんがこんなときからと、身振りで手のひらを下に下げて背の低さを表現された。それはない、中学2年からだから・・・。
と思ったが否定できないほど時間が経っていた。
で、くれの餅は重ね丈、注文し、ついでに米も頼んだ。
 
 10時過ぎに図書館へ行った。
旅行書の棚で、中山道の歩き方や、広島・萩・津和野の観光雑誌を見た。
 この先、母のことで、3年間封印した、中山道歩きは武左〜三条と新町〜日本橋が残っているので、来年早々には完了させたい。
 家内には、日曜ごとの名古屋訪問で、ろくな孝行をしていないので、本人の希望である、萩・津和野・宮島・広島を巡る旅行をしたい。
 ツアーなら安直だが、その前に自分の足で巡るほうが、気楽でいいのではないかと考えたが、ツアーの場合は、向こうの拠点間隔が離れていて、BUS利用で無駄がない・・・。考えどころだ。
 
 結論が出ないまま、帰宅して、スパゲッチイタリアンを作る。

TVは実業団対抗女子駅伝をやっていた。母は、マラソンや駅伝の中継が好きだった。
 で、気持ち、TVは消さず、祭壇から見えるように点けて置いた。

 13:30三洋堂へ、しかし見当たらなかった。
MAXで買い物、フルーツ、スープ、など。
 帰宅後、自治会長の指示の書類に目を通す。

 その後、することもなく、ネットで過ごす。夕方暗くなる前に散歩に出る。
日曜は、河原もにぎやかで、100メートル四方に3人は居る。平日の日暮れはゼロなのに。

 帰りの、うちの前で、また「さびしくなったねえ」と高齢の女性に言われた。
それが誰かは、知らなかった。
 母は、聞いているか。