mnumeda's Diary

Everyday Rec.(Hatena::Diary よりインポート) 

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター

印象派・コントラルト

mnumeda2014-03-14

20140314Friday
7:00起床。洗濯。晴れ。
 9:00散歩。家内随行。南、中山道大井〜中野〜長栄寺
〜新栄〜島田〜野畑、柳が壺。
 10:00帰宅。
佐々木邸前のT字の電柱の根元に 黒いガラス片が散らばっていた。
よく見たらソーラーパネルの破片だった。
 パネルをぶつけて割れて放置した様子だ。
仕方がない、掃除した。レジ袋にずっしり重たい。透き通るほどダークな積層板は
補強のためガラスに焼き付けて入れて3ミリほどか?
 家で預かって不燃の日に出すしかないか・・・。
10:30自治会資料目通し。
 12:00残飯ランチカレー。
13:00名古屋向け出発。家内車の稼働が薄いので、バッテリー充電には長距離が必要。
瑞浪まで乗って行った。
 13:47発名古屋行快速乗車。読書。
時間的に早いので、大曽根で降車。地下鉄名城線で、旧居留地を歩いてみた。
 介護付きマンション・ケアハウスが空き地を埋めて、県営マンションは表通りから
見えなくなっていた。
 人通りが多い。愛教大付属小の下校親子・ショッピングセンターへの出入り。
高齢者福祉施設への出入り。空き地が無いだけ ビル風が強かった・・・。
 一回りして、知人に遭うのを恐れて地下鉄に戻り、名城線CCWで栄へ出た。
芸セン10Fの、印象派展を鑑賞。点描が主題で展示。スラーやゴッホがメイン。
 補色の説明や、点描効果の説明もあったが、「印象派」の枠をはめていて、
焦点がぼける感じがしていた・・・。
 17:00MACで軽食。
18:00コンサートホール。
 18:45開演。指揮:R。マクドナルド、メイン:マーラー大地の歌
コントラルト(アルト)M.フォッシュストローム、テナー 望月哲也。
 中国の詩集を翻訳した「中国の笛」詩集から想起された一時間以上の大作である。
原資にない詩もあるので訳者の編集もあるようだが 中国的ではなかった。
 半分眠って聴いていた。この種の楽曲は興味が薄い・・・。
カーテンコールが長引いている内に抜け出して、高蔵寺鈍行にのり、
追いついて来た快速瑞浪に乗り換えて、22:30帰宅した。
 家内は焼きそば定食のセレクトだったので、野菜サラダと焼きそばと味噌汁、
少しのごはんをいただいた。
 明日の予定:家内車のタイヤ交換。
今日の問題点:竹富町教科書問題。
 国が異を唱えた。無償化しているのだからその教科書にはカネは出さない。
地域で決めた本にしろと。しかし 記述がそれと、そうでないものとでは異なるらしい。
 国が口を出すのは、統制時代に戻るアナクロニズムを感じる。
朝日が言うように、読み比べたらいい。新聞も然り。
色々な新聞を読み比べないと、人々の意見の違いは判らない。